ライトにまつわるエトセトラ3~スタンドライト編


コーヒーを飲むと5時間は眠れない。

低気圧(1010hPa位から)だと何となく体調と機嫌が悪くなる。誰のせいでもない。

お酒はビール中ジョッキ2杯を1時間半くらいで飲み終わった時が最高に上機嫌。

 

数値で自分を把握できるようになり、年を重ねるのも悪くないかもと思う今日この頃。オクタです!(>o<)/

 

皆さんも「自分把握数値」があったらお教えくださいね♪

 

もう一つ把握している数値がありまして。

仕事が終わってから5時間経つと自然な眠りにつけます!

しかし、毎日5時間取れるほどのゆとりはないので、ビールを少々飲み、おバカなテレビを30分見て一笑い、リラックスタイムを時短。そして眠りに落ちるって感じですが、、、!

 

皆さんは就寝前に何をして過ごすのがお好きでしょう?

入浴、読書、映画鑑賞、音楽、アロマ、ストレッチ、、、?

 

今回はそんな、リラックスタイムを演出してくれるライトについて。

 

間接照明があるお家なら本当に羨ましいですが、無い場合にも後から取り入れられるスタンドライトのご紹介です。

ライトは省エネの観点からLED(Light Emitting Diode、発光ダイオード)に切り替わっていますが、LEDのメリットを改めてまとめますと、

○長寿命。連続点灯で40000-60000時間(4~7年)

(参考:白熱球1000-2000時間、平均約62.5日)/蛍光灯6000-12000時間、平均約375日)

○赤外線フリー(熱くない)

○紫外線フリー(日焼けしない、美術品にもOK、虫が寄ってこない)

○すぐにつく(蛍光灯、工場の水銀灯と比べると)

○視認性がいい

○寒さに強い(寒冷地の街頭にも大丈夫)

○指向性が高い(一定の方向に向けて照らす)

 

などなど、メリットは沢山あります。しかし指向性の高さはデメリットにもなり、光源が見えてしまうと、とてもまぶしい。ゆえに、リラックスタイムには何らかの素材を介した光を取り入れる事になります。

※今回のブログの画像は全てKOIZUMIさんのカタログからお借りしています。

http://www.koizumi-lt.co.jp/

アクリルのフロアスタンドライト。AT42691L 有機的なフォルム。

 

手前 AT43718L 1m程の低めのフロアスタンドライト。

ガラス、アクリル、シリコン、和紙、、、インテリアデザインにもよりますが、生地屋の身としてはやはり生地のシェードがおススメです。織物を通した柔らかい光はリラックスタイムには最適だと思います。

デスクスタンドライト + フロアスタンドライトの組み合わせ。

 

先日お納めしたシリーズですが、灯具が下から見えないように蓋がセットされているのです。とても気が利いた仕様。

どの機種もリモコンで1~100%の無段階で調光できるのもポイントが高いです。タイマーが付いているものもあります。

ライトを調整してリラックスした空間づくり。自然と眠りに誘うやわらかい光。いいですよ~♪

 

照明についても当店にご相談くださいね。

それでは、また!(^‐^)/

 


こちらも覗いてみて下さいね。

ウェブサイト&オンラインショップ http://www.octave8.net/

↓↓↓ 新商品情報をいち早くお届けします ↓↓↓

インスタグラム https://www.instagram.com/wwwoctave8net/

フェイスブック  https://www.facebook.com/moctave8.net

ツイッター  https://twitter.com/wwwOctave8Net/


Leave a comment